読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルール追加大富豪2

二度とやりたくないゲーム。

ルールだけ載っけときます。何が起こったかは想像にお任せします。

悪夢

基本ルール

  • トランプは1セット52枚+Joker2枚を使用する
  • ダイヤの3を持っている人から時計回りにカードを出す
  • カードの強さは3→4→5→...→10→J→Q→K→1→2→Jokerの順で規定される。
  • 2枚以上のカードは同じ数であれば同時に出すことができる。
    • この時、次のプレイヤーは前に出されたカードと同じ枚数で、強いカードを出すことが出来る
    • 複数枚カードを同時に出す時は、Jokerはワイルドカードとして扱うことができる
  • パスを行うことができる、パスを行ったプレイヤーはそのターン、カードを出さずに次の人にターンを回す。
  • 全員がパスを行うと場は流れ、次のラウンドに進む。
    • その際、最後にカードを出したプレイヤーが次に好きなカードを出すことが出来る
  • 手元のカードをなくした人が現れた時点で時点でゲームを終了し、その人が大富豪となる。
  • 大富豪は次の試合のルールを一つ追加する。
    • 提案者以外の全プレイヤーが反対した場合、その提案は受理されない。
  • ルールを追加する時はそのルールに命名する

ルール1: ずっと俺のターン

追加者 傘猫

適用: #2〜

出せる限り、自分のターンの後に自分のターンを続けても良い。

ルール追加の流れ

傘猫「はやくしたいかな」って

鏡「反対します」

花岡「実験してみる」

おもむろに13枚引く花岡、一度もターンを回すことなく上がる。

「これは...」

わんど「今回最初にぶっ飛んだルールにして頑張ってリカバーしてみよう」

反対が全員でなかったので受理されました。

ゲーム #2

  • 1ターンで終わりました。
  • 勝者、スタートプレイヤーの花岡
  • 積み込み疑惑

ルール2: ワードバスケット

追加者: 花岡

  • このゲームはターン制ではなく、真ん中の箱に最も早くカードを入れた人が出せる。

間違ったカードを入れてしまった場合は手札を元に戻して、 立ち上がって思い思いの一回転をする

  • [補足] カードは1ユニットごと出す
  • [補足] ラウンドの開始プレイヤーが「ワードバスケット」と言いながら、 最初に箱に入れたらゲームを開始する。

ゲーム #3

  • スタートプレイヤーは花岡
  • 鏡の勝ち
  • 初めての大富豪アクション

ルール3: 小競り合い

追加者: 鏡

  • カードを2枚以上同時に出した場合、革命が起こり、カードの強さが逆転する
  • 革命を起こしたプレイヤーは革命プレートをひっくり返す
  • 革命プレートを裏返し忘れたプレイヤーもその場で立って一回転する

ゲーム #4

花岡が積み込みを疑われたので鏡がシャッフルし、カードを配る 鏡が勝つ * 2枚だしがひたすら続くゲーム

ルール4: 仲裁

追加者: 鏡 奇数のカード(J,Kを含む)の2枚以上同時出しの時は革命が起きない

ゲーム #5

スタプレは傘 勝者花岡

ルール5: トリプル

追加者: 花岡 * 大富豪の両隣の人間を富豪とし、ルールを追加する。 * 追加順は大富豪、大富豪の左、大富豪の右

ゲーム #6

鏡がスタートプレイヤーになる 勝者わんど

ルール6 (#7-): ワードバスケット

追加者: わんど * ダイヤの3以外のカードをワードバスケットに変える * 場のカードで始まって手札のカードで終わる言葉を出しながら言う。 * [補足] 2文字のカードを言っても良い。 * 特殊カードはワードバスケットのルールで出すことが出来る。 * 言った言葉の最後の文字が50音順で後ろにある方が強い。 * ダイヤの3はワードバスケットのルールで認める、 3文字の言葉を言えるカードとして扱う

ルール7 (#7-): 常春

追加者: 花岡 * 6文字以上の言葉の場合、誰も知らない言葉を言葉として扱っても良い。 * [補足] ダイヤの3、5のカードには適用されない

ルール8 (#7-): 選抜

追加者: 傘猫 * スタートプレイヤーが10面ダイスを振って出た目の+1数だけ、 全員手札を選抜し、残りは捨て札とする。

ゲーム7

ダイス目は8 わんどの勝利

ルール9 (#8-): トランプ

追加者: わんど * カードをトランプに変える。記号カードは取り除く。 * 出し方はワードバスケットの特殊カードに準じる。

ルール10 (#8-): 8切り

追加者: 花岡 * 自分の出したカードの中に8が含まれている場合、カードは流れる

花岡、ここでやめていれば良かったと後悔。

ルール11 (#8-): 逆選抜

追加者: 傘猫 カードを選抜した後、それを右隣の人に渡して、ゲームを開始する。

ルール12 (#9-) リーチ

追加者: 鏡 * 次のゲームの勝者がこのゲームの名前をつけて、このゲームに勝利する

ルール13 (#9-) わさびはからくてうまい

追加者: 傘猫 最後にカードを出したとき、最後のカードが「わ」だった場合、 出した人は続けて「わさびはからくてうまい」と言い、 このラウンドの次の文字は「い」から始まる。

ルール14 (#9-)

追加者: 花岡 * スタートプレイヤーがダイスを振った後、その目を2として扱う

花岡「脳がこのゲームをすることを拒否している」

新語: インバラーバーバラア

  • アホみたいなルールを投げて他の人に必死にルール調整をさせる人のこと
  • インバラと呼ばれる。
  • [形容詞]インバラい
  • 100万年に1度のクソゲー

ゲーム #9